ドッグフードと軽減税率

ドッグフードは軽減税率対象?

数字と電卓

 

軽減税率とは、特定の商品の消費税率をその他の消費税率より低く設定するルールのことです。日本では消費税率を10%に引き上げる際に食品や新聞などが軽減税率の対象になり、8%のまま据え置かれることになっています。

 

理由としては、食品の支出の割合が高い低所得者の負担を緩和するため。2019年の10月から消費税が引き上げられることになっています。

 


ドッグフードは食料品か

上にも書きましたが、軽減税率の対象品目は、新聞と食料品です。食料品とは「人の飲み物と食べ物」のこと。そのため、人間が食べられないドッグフードなどのペットフードは対象外になります。(消費税率は10%に上げられる)

 

毎月のペットフードの支出が多い人にとっては痛手ですが、こればかりは仕方がないですね。あらかじめ買える分はまとめ買いしておくというのも一つの手です。

 

しかし、ペットフードにも人間と同じように賞味期限がありますので、逆算して購入しましょう。封を開けると一気に期間が短くなりますが、そうでなければある程度日持ちします。

 

ささみなど手作りフードをあげている方は、ドッグフードより節約できるかもしれません。

 

個人的には犬や猫は家族と同じだと思っているので軽減税率の対象にしてくれてもいいのになと思いますが、やはりペットにもいろいろありますので全体的にみると難しいのかもしれません。

 

 

 

関連ページ

ファインペッツが値上げ
ファインペッツドッグフードの送料が値上げされたのでご紹介します。
オリジンが値上げ実施
2016年3月1日(火)よりオリジンドッグフードの一部商品が値上げを実施。
ドッグフード事情
ドッグフードに関する気になるニュースをご紹介。無添加フード中心に掲載しています。